経理サポートブログ

交通費について

交通費とは、近距離の交通費(交通機関の利用料などの実費)のことです。

 

 

交通費の内訳は以下のものです。

 

 

① 通勤費や定期代
② 電車賃・バス代・タクシー代
③ 高速道路など有料道路料金
④ 駐車場料金

 

通勤費とは?
普段会社では「通勤手当」という名前で支給されているお金です。
金額や支給方法などは会社によって違いますが、その費用を計上する時に使われる勘定科目が通勤費です。

通勤手当は、原則として非課税所得とされています。

通勤手当は給与?

 

通勤費は原則として非課税所得であり、旅費交通費勘定で処理してよいことになっています。

 

ただし、非課税限度額を超える部分は給与として取り扱われます。

 

どこまでが非課税になるのかというと、公共交通機関を使っている場合は「経済的かつ合理的な方法による金額」とされています。具体的には月額10万円までと記載されています。

 

月額10万円の通勤手当が合理的な金額ってちょっと無理ある気がしますが、新幹線等で通勤していると10万円超える場合もあるんでしょうね。

 

ちなみに、徒歩通勤は非課税になりません。

 

 

例えば、交通費を2万円までは会社が一律で支給してその中でやりくりをさせるような会社があるとします。
会社が近いので歩きで来ている場合などは、従業員は2万円がそのまま貰えるわけですが、そのお金は非課税になりませんのでご注意下さい。

経理強化のご相談・お見積りはお任せください! TEL:0120-93-1465 営業時間:平日9時~19時

無料相談メールフォーム